【濾過器なし。CO2も発生。】

従来から使用していた、解説POP類。少しずつですが、見やすいように、と修正しています。

日常、買い足すものがなくて、そのまま上手に飼育ができ、水草も育つ、そういう水槽の仕組みです。多くのみなさんの実現したかったことが、できるようになりました。

 

【従来の常識ひっくり返し。色々な魚に使えます】

 

色々な魚に使えます
上の段には、生きた化石、南米のアロワナ(若魚)や、アフリカのポリプテスル類。最下段には、各種金魚。途中の段には各種小型熱帯魚。そして水草やシュリンプにも。店中の水槽にブルカミアが底敷きされています。これは、ヒロセのお店では、当たり前の風景ですが、今までの常識では、土を敷いて飼うのはできないと考えられていたものも多数。どうして、みんなキレイに飼えちゃうのでしょう!?

 

写真の中の、たくさんの水槽には、確かに、いろいろな違った魚たちが陳列されていますね。

従来、

Q:(1)たとえばアフリカの古代魚ポリプテルスは、砂砂利を飲み込んだりするとあとが厄介だから、水槽に何も敷かないという飼い方が多かった種類です。

Q:(2)また、金魚を飼うには、水底を「エサ探り」する行動を年中行ってしまうため、土の底床材を使うと、早く崩れて、使い物にならなくなる、と、よく言われていました。

でも、そんな従来の非常識(?)に、耳も貸さず、構わずどの水槽にも、ブルカミアが使われていて、しかも、店で、何ヶ月でも、魚たちは水換えしないまま、ずっとキレイで、元気にしています。なぜでしょう?

答え(1): 砂砂利などをもし腸内に溜めると、排泄が困難になることがあるので、何も敷かないで飼いましょうと、解説書などに出てくる種類は、ポリプテルス、ウーパールーパー、アカハライモリなど。でも、ブルカミアの底床浄化水槽では、もし万が一飲み込まれることがあっても、お腹を通る間にミクロに分解されて、カンタンに排泄できます。だから安全なんです。

答え(2): 金魚。たしかに、ふつう飼われている水槽や池などでは、いつも年中、水底に、何か食べられるものがないか、探っては、砂砂利を口に含み込み、何やら上手に選り分けて食べようとします。ところが、お店では、土を使って平気でいます。最大の理由は、エサの与え方。すごく少量のエサを、一日に何回もに分けて与えるようにすると、金魚は底探りをしなくなってしまうのです。そもそも、一度にたくさんの粒を与えると、金魚や熱帯魚は、競争して、できるだけ自分がほおばろう、とするので、結果として、よく噛まずにどんどん飲み込まれてしまいます。魚たちの腸は、ヒトよりも、はるかに短いので、慌てて噛まずに飲み込まれたエサは、けっこう消化不良のフンとして排出されてしまいます。ヒトからエサをもらえない時間帯。なんだか、エサのニオイが水底に混じっているなあ、と思えば、金魚は底探りをし続けます。でも、ブルカミアの底面濾過で、いつもキレイな床、しかもエサのニオイが全然しないと、何度も探しても無駄足になるので、金魚は、平均4日から1週間程度で、底探りをやめてしまいます。

「エサやり上手」になることは、水を換えない、「新しい飼い方上手」になる、重要なワンステップです。

どなたにでも、ヒロセの直営モデルショップと同じように、多くの生きものが、1年中水交換なしで飼えるようになります。お店でも、ネットでも、無料で飼育相談を受け付けています。お気軽にご利用ください。

 

【よく馴れて、見せてくれる一瞬の可愛さ】

 

 

写真 1
ねえねえ、ごはん、ちょーだい!

種類の名前はポリプテルス・オルナティピンニスです。生きた化石、1億5千万年前からほとんど姿を換えずに、アフリカの一部に生き残った古代魚ポリプテルス類は、14種ほどが現存しています。

季節的に乾燥することもある泥沼地に生き残ってきた彼らは、肉食で、多くが夜行性。

写真 2
古代魚・ポリプテルス類は、すべて夜行性と言われています。でも、人によく馴れると、この写真のように、明るい時間でも、前まで出てくるようになります。

おおくのポリプテルスは、少々目の機能が退化し、あまり、飼い主に馴れることはありません。

このオルナティピンニスという種類は、例外的に、ポリプテルスの中では、少し、視力がいい方で、そのため、水槽の外までよく見えているらしく、人の行動をよく覚えて、アピールしたり、水槽の居心地が悪いと、仕草で、清掃を要求するなど、人に意思や情報を伝えようとするまでになります。

ペット感覚のかわいさがある魚たち。

これから、こういう、飼いやすくて、コミュニケーション性がある生きものが、人気が出てくるのかも知れませんね。

昨日は具体的にお話ししませんでしたが、各水槽の底に6cm以上の厚みで敷いてある、この写真にも写っている3mm以下の茶色の顆粒みたいなもの。

これが、特許を取得した微生物活性浄化材、「ブルカミア」です。ポリプテルスだけでなく、金魚もメダカも、ほかの熱帯魚も、現在では、ほぼ例外なく、みなこの飼い方を行っています。

BottomFlow01

1年中、水換えはしていません。きょう紹介した、ポリプテルス・オルナティピンニスの水槽も、すでに4ヶ月間、水底そうじも水換えも一切行わず、蒸発した水を足すだけしか行っていません。

水槽飼育、もっと楽しく、きれいに飼えます。

ただ水底に水を通す、板とモーター循環だけ。そこに、バクテリアがたくさん棲み着くことができる、ブルカミアを敷き詰めるだけのカンタンな設備です。

あの、わずらわしい、そして、年に何度も交換させられる「カセット濾過材」や、濾過器そのものも、何も購入する必要が、ありません。

(2014.11.17 小さな大自然の店 札幌北店にて)

 

【あなたも飲める!?水換えのいらない浄化を、テレビレポート】

日本テレビ系列「ぶらり途中下車の旅」で、ブルカミアを使った底面濾過により、水槽内で水が浄化されてしまうことをレポートしていただきました。
日本テレビ系列「ぶらり途中下車の旅」で、ブルカミアを使った底面濾過により、水を交換せず、水槽内で水がきれいに浄化されてしまうことを、レポートしていただきました。

 

◎キレイに飼えます

ブルカミア(特許取得)を水槽に敷いて通水する底層循環をすると、大自然の森の中で生きた土にしみ込んでいった水が、谷川に湧き出るのと同じように、飲めるようなキレイな水になります。

俳優・石丸謙二郎さんが、実際に見て、飲んでみた、突撃レポートで、話題になりました。

この、新世代浄化材「ブルカミア」を開発、製造した株式会社広瀬が、水槽飼育を、楽しく、キレイに、手間もコストもかけずに実現するご案内を直営各店で行っています。

株式会社広瀬は、従来からご利用いただいている、総合観賞魚ショップ

◎ヒロセペット各店

(谷津店、成田空港店、苫小牧店)に加え、

◎「小さな大自然の店」を、

株式会社広瀬が展開する直営モデルショップとして順次オープンしています。

小さな大自然の店各店紹介:

・帯広店(2009年9月~)

・北見店(2011年9月~)

・網走店(2012年5月~)

・札幌北店(2014年8月~)

・札幌西店(近日オープン予定)

◎各店でご案内している

楽しい飼い方、賢い飼い方、低コストで、手間いらずの新しい水槽の楽しみ方が、ネット上からも、やさしく、学べるようになります。

◎ライフスタイルや目的、ご予算に合わせて

ネット上からも、商品の注文ができ、設置・飼い方ガイドとともに、ご自宅に届くようになりました。

◎また、誰でもカンタンに、

水槽飼育を理解でき、ご自宅やオフィスで気軽に、自由に、水草が茂る豊かな自然風景水槽や、各種生きものを飼って楽しめるための、無料アドバイスをブログやfacebook、無料メール講座でビジュアルに見られるようにと、2014年11月16日、準備を開始しました。

詳しくは、

aquamaster.red@gmail.com

まで、お気軽にお問い合わせください。

(2014年11月16日/文責・赤井 裕)